全国教研 記念講演・分科会Web開催 1月下旬の見込み

日教組 全国教文部長会議

 日教組全国教文部長会議が9月10日Web開催され、埼玉教組からは佐々木教文部長が参加しました。全国教研については昨年同様Web開催ですが、本年度は記念講演のみならず、分科会もWeb開催されることとなりました。埼玉教研集会でレポータの選出を行います。詳細については別途連絡します。

 会議では、「全国学力・学習状況調査」「 小学校高学年からの教科担任制」「GIGAスクール構想」「教員の養成・採用・研修問題」「インクルーシブ教育」など多岐にわたる政府の文教政策に、日教組がどうとりくむのかの説明があり、また、各県教組、各分会でのとりくみの提起が行われました。「全国学力調査」については、「悉皆調査を廃止し、子ども・教職員の負担や序列化・過度の競争につながらないよう抜本的見直しを求める(第108回定期大会)の方針にもとづき、「3年に一度の抽出調査への移行」を求め、過度の競争をなくすため「市町村別・学校別の結果公表を行わない」ことを求めることなどが提起されました。「小学校高学年における教科担任制の導入」については、文科省に専科加配などの条件整備を求めるとともに、学校現場の実態に沿った柔軟な対応を市町村教委に求めていくことが提起されました。導入により、「専科指導の充実」「一人あたりの持ちコマ数の削減」など教員の負担軽減がなされることが重要で、負担増であれば、結果として「子どもの利益につながらないこと」を確認することが重要です。


関連記事

無料相談
ページ上部へ戻る

 

 

Topへ