100年目のメーデー中止に 各種集会も開催断念

 連合埼玉は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、4月29日、大宮駅西口の鐘塚公園で開催予定だった第91回連合埼玉メーデーの開催を中止しました。また、同日、代々木公園で開催予定だった連合中央メーデーも開催中止を余儀なくされ、メーセージ配信によるウェブ開催として実施されました。今回は1920年、日本最初のメーデーが開催され100年目の記念すべきメーデーでしたが、残念な結果になりました。

 
   5.3憲法集会も開催断念 沖縄平和行進も中止決定

 

 コロナウイルス感染症の拡大はその他の各種集会の開催も断念を余儀なくされ、5月3日有明防災公園で開催予定だった「許すな!安倍改憲発議 平和といのちと人権を!53憲法集会2020」も集会方式での開催は中止とし、同日13時より、国会正門前での各界からのスピーチをインターネットで中継し、全国に配信されました。
 また、5月14日から開催予定の沖縄平和行進をはじめ、5月22日狭山再審要求市民集会(日比谷野外音楽堂)、5月31日オール埼玉総行動( 北浦和公園)も開催中止となりました。

 

メーデーって何だ?

 労働者の祭典であるメーデーは1886年5月1日、低賃金と長時間労働に苦しめられてきたアメリカの労働者がシカゴを中心に全米で30万人以上が参加するストライキを実行したことが発端とされています。シカゴでのストライキでは阻止しようとした警官隊との衝突がおき(ヘイマーケット事件)10人以上が死亡し、100人を超える負傷者が生まれ、主導者8人が起訴され4人が死刑に処せられるという大きな犠牲を払っています。この動きが世界の労働組合に広まり、1890年5月1日に第1回国際メーデーが多くの国で開催されました。これが今に続く「労働者の祭典」としてのメーデーの起源となりました。 日本では1920年5月2日、大正デモクラシーの機運が高まるなかで、第1回メーデーが東京・上野公園で開かれ、今年で100年目を迎えています。戦時中の1936年から45年までは政府により開催が禁止されましたが、戦後、労働組合の活動再開とともに再び開かれるようになり、日本の労働者の地位や労働条件の向上、権利拡大をはじめ、人権・労働基本権の確立、民主主義の発展、恒久平和の希求に深く貢献し、その役割を果たしてきました。

関連記事

コメントは利用できません。

無料相談
ページ上部へ戻る