初任者研修は所属校での自己研修に 県総合教育センター 後補充非常勤は継続勤務

 年次研修等を所掌する県総合研修センターは4月、5月中の主催研修について新型コロナ感染症拡大の実態を踏まえ、中止、延期、又は所属校での自己研修(机上研修)とするとしました。

年次研修である初任者研修、5年次研修については、資料等をHPからダウンロードした上での所属校での自己研修としています。レポートの提出を求められているものもあります。特定研修である、特別支援学級新担当教員研修、通級指導教室新担当教員研修については中止とされました。また、管理職研修(新任教頭研修)については延期とされています。6月以降については、今後検討するとしていますが、県総合教育センターのHPで公表される見込みです。

初任者研修等の提出レポートについては、私たちは「過重な負担にならないよう」求めていますが、問題があれば埼玉教組本部まで連絡して下さい。なお、初任者の機関研修にかかる後補充の非常勤講師については、当初の計画通りの勤務とし、他の県費負担教職員と同様に「自宅勤務」も認められることを県教委と確認しています。これについても異なる対応があればお知らせ下さい。

また、市町村教委の主催する研修についても、新型コロナ感染症拡大の実態を踏まえ適切な対応が求められます。各市町村において不適切な事例があれば早急に連絡して下さい。

 

 

 

 

 

 

SM21

関連記事

コメントは利用できません。

無料相談
ページ上部へ戻る

 

 

Topへ