コロナに負けず 組織拡大を!!  すべての組合員の皆さんへ  自信を持って組織拡大に取り組もう

自信を持って組織拡大に取り組もう

 組合員の拡大が喫緊の課題になっていることは皆さんもご存じのことと思います。組合員を拡大する一番確実な方法は各組合員が各分会等で「対話」を通して直接働きかけることです。そのときに、最も大切なことは自信を持って行うことです。饒舌に話せなくてもいいのです(私たちは各種保険会社や、テレビショッピングの営業マンではないのですから)。組合の必要性を自分の言葉で訥々と語ればいいのです。これは、ある意味では現実と理想を語ることです。労働条件の向上、教育環境整備の充実、教育問題、平和問題などを語るのですから。
 どれも一朝一夕にかなうものはありませんよね。教室で子供たちに理想を語るのと同じです。しかし、歴史をたどってみれば、私たちの諸先輩方の現実を理想に近づける地道な努力によって様々な権利や条件整備の拡大がなされてきたのです。この歩みを止めてはいけません。「こんなことを話しても無駄じゃないかしら」とか「話を聞いてくれるかしら」とか「自分に上手に話せるかしら」など弱気になってはだめです。確かに忙しい職場の中にあって語りかけることはそのタイミングが難しいし、何より勇気が必要です。そんなときには、「自分にとっての組合や平和の必要性や組合の歩み」を「自分に語りかけるつもりで」語りかけてください。
 日本国憲法第12条では「自由、権利の保持の責任がうたわれています」。「この憲法が国民に保証する自由及び権利は、国民の不断の努力によって、これを保持しなければならない。」と。この憲法を「労働法や労働に関する各種条例」、「国民」を「労働者」に置き換えてみたらどうでしょうか。多くの犠牲を払って獲得した権利です。この12条の重みを感じることができるでしょう。ダメモトでいいのだという気楽な気持ちで、しかし、勇気と自信を持って身近な人から平和と労働組合の必要性について語りかけ、一人でも多くの仲間を増やしていきましょう。ともに頑張りましょう。

 

 

 

korona

関連記事

コメントは利用できません。

無料相談
ページ上部へ戻る

 

 

Topへ