狭山裁判の再審を勝ちとろう

 5月23日、東京・日比谷野外音楽堂で「狭山事件の再審を求める市民集会」が開催されました。集会では多くの国会議員の挨拶、狭山弁護団の報告の他、事件発生以来56年が経過し今年80歳を迎える石川一雄さん夫妻の力強いアピールがありました。また、埼玉教組をはじめとする多くの市民、支援団体のカンパで当日朝の朝日新聞に「狭山意見広告」が掲載されたことが報告されました。

 集会に先立ち開催された埼玉独自集会では、埼玉教組金子委員長が再審開始に向け最後まで支援行動を行っていく決意を述べました。

 集会後、参加者は再審の開始を訴え銀座・東京駅方面へデモ行進を行いました。

 

狭山裁判の再審を勝ちとろう

関連記事

コメントは利用できません。

無料相談
ページ上部へ戻る