日教組全国教研 福岡県北九州市で開催 

 日教組第68次教育研究全国集会が2月1日から2月 3日までの3日間、福岡県北九州市で開催され、埼玉教組からは鳥羽教文部長をはじめ、レポータ(正会員)4名を含む6名が参加しました。

 2月1日、西日本総合展示場(北九州市小倉北区)で開催された全体集会では、日政連予定候補の水岡俊一さん(日教組政治政策室長)が司会を勤めました。 

 集会では、岡嶋真砂樹日教組中央執行執行委員長の主催者あいさつ、清水秀行日教組書記長の基調報告に続いて、憲法学・教育法学者の斎藤一久さん(東京学芸大学教授)が「憲法改正と教育の未来」の演題で記念講演が行われました。午後には、特別分科会「すべての人の学びの場を考えるシンポジウム」を含む25の分科会で、全国各県の代表者による分科会討議等が行われました。

 尚、埼玉教組選出レポータの参加報告は次号及び3月2日開催の全国教研還流集会で行います。

全体会全景


 

関連記事

コメントは利用できません。

無料相談
ページ上部へ戻る