書籍紹介

大田堯自撰集成補巻

書籍紹介1月
 地域の中で教育を問う〈新版〉藤原書店 定価本体2800円+税

昨年11月4日に埼玉大学で大田先生の集いを開いたことは前号で報告した。その日にこの本(補巻)は発行された。大田先生は、「地域の中で教育を問う」ことを主張し続けている。「子どもは単に親の私物ではなく、ましてや国家の私物ではない。教育は人類の一大事業である」ことを認識した上で、教育を問い直すことを幅広く訴える。一九四九年の地域社会の教育計画やその後の同和教育問題、中津川市の教育文化展、岐阜県教育「正常化」問題、中野区教育委員準公選制、都留文科大学、地域からの教育改革、自然博物館等々、大田先生が生きた歴史と地域の中で、思索と展開された行動の足跡が綴られている。今、我々の危機意識の底流にあるモノ・カネに傾いた経済中心の風潮、その支配下での人間関係の亀裂、生命のつながりの孤独化と格差化の中での教育をもう一度問う。

関連記事

コメントは利用できません。

無料相談
ページ上部へ戻る