第88回 埼玉県中央メーデー               長時間労働を撲滅させ ディーセントワークの実現を図ろう              4800人の働く仲間が集う

 4月29日、大宮駅西口の鐘塚公園を会場に、連合埼玉主催の「第88回 埼玉県中央メーデー」が開催され、県内各地から4800人を上回る働く仲間が結集しました。
「長時間労働の撲滅、ディセント・ワークの実現 今こそ 底上げ、底支え、格差是正の実現を!」のメーデースローガンのもと開催された集会では、連合埼玉小林直哉会長が、主催者挨拶で、無定量の時間外勤務容認に繋がる安倍内閣の「働き方改革」を強く批判し、「すべての働く者の連帯で、自由で平和な社会を実現しよう。暮らしの「底上げ・底支え」で、格差と貧困の拡大を阻止しよう。希望と安心の社会をつくるため共に頑張ろう」と力強く挨拶しました。
  埼玉教組からは金子執行委員長をはじめ、メーデー実行委員の丸山書記長(連合埼玉執行委員)、救護を担当した青木養護教員部長、他多数の仲間が参加しました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料相談
ページ上部へ戻る