部活動の軽減を! 県教委通知を守れ!              埼玉教組関係諸団体に申し入れ

 部活動が生徒や教職員への過度な負担を招いていることが、マスコミ報道などでも取りあげられており、文科省、県教委も部活動に関する負担軽減の通知を発出しています。  文科省は「学校現場における業務適正化にむけて」(2016年6月17日通知28文科初第446号)の中で「部活動における休養日の設定の徹底」を求めています。また、埼玉県教委は2016年3月29日付け「効果的な部活動指導の在り方について」を発出し、平日の部活動は2時間までとするとともに、週休日(土曜、日曜)のどちらかを休養日とする旨を通知しています。
 しかし、中学校や高等学校の現場ではこれらのことが徹底されていないのが実態です。これらのことから埼玉教組は埼玉高教組とともに、関係各団体に直接申し入れを行い、各学校に徹底を働きかけとともに、これらのルールが徹底できない学校には大会参加を認めないなどの強い対応を求めました。
  要請した団体は以下の通りです。
埼玉県中学校長会、埼玉県中学校体育連盟、埼玉県吹奏楽連盟
埼玉県高等学校校長協会、埼玉県高等学校体育連盟、埼玉県高校野球連盟
   埼玉県高等学校文化連盟

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料相談
ページ上部へ戻る