創立12周年 埼玉教育フォーラム学習会

   「子ども貧困と地域社会」
                雁 咲子氏が講演

 4月5日、創立12周年を迎えた埼玉教育フォーラムは、跡見学園大学雁(がん)咲子教授を迎えて、学習会を行いました。2011年まで、国会の参議院事務局で、国会議員の立法活動のための調査や分析を長年行ってきた雁さんは、子どもの貧困・DV等に関する調査研究を専門的に行い、集会では「子どもの貧困と地域社会」と題して、県内や全国の子どもたちの具体的な実態に基づく資料・統計を使いながら講演を行いました。
 集会では、嶋田高教組委員長の主催者挨拶に続き、金子埼玉教組委員長が情勢報告として、「教育勅語」を賛美し、「国家のための国民を養成する」安倍内閣の教育政策の問題厳しく、指摘しました。 続く講演では私たちの想像を超える悲惨な子どもたちの貧困の実態が明らかにされ多くの問題点が指摘されました。また、給食費無償化へのとりくみなど具体的な課題が提起されました。講演後の質疑応答では参加の教員や市議会議員のみなさんから多くの質問や意見が出されました。最後に、教育フォーラム共同代表の秦哲美元埼玉県会議員が「私たちひとりひとりが学校や地域社会や議会の場で現状をきちんと分析しつつ、課題の解決に向け努力していこう」と挨拶し閉会しました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料相談
ページ上部へ戻る