職場の工夫を教えてください

 2016年度の確定交渉は、多忙化・超勤解消を目指したものでした。県教委側もいくつかの改善点を示しましたが、依然超過勤務解消には程遠いものです。そこで、皆様のご意見を頂戴して、具体的な取り組みに結び付けたいと思います。

県内の各地域によって、行事や多忙化を改善する組みに違いがあります。勤務校での工夫や日頃感じている「この仕事はなくせるのでは?」といったご意見を、教組本部にお寄せください。

≪参考例≫

・中間考査・期末考査を2日とし、その日は2日間とも部活動を行わない。
・2泊3日のキャンプ行事を、1泊2日のスキー行事に変えた。
・教室掲示物のうちのいくつかを、学年共通にして使い続けることにしている。
・金属板でしっかりした立て看板を作成し、何年間も使用している。
・印刷機を2台にしたら、印刷時間の短縮で助かっている。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料相談
ページ上部へ戻る