連合埼玉地方委員会開催

 11月16日、連合埼玉地方委員会第20回地方委員会が開催されました。県内各地、各単産から地方委員、女性委員(埼玉教組からは滝沢千恵美さん)等がさいたま市浦和に参集し、昨年の大会以降の活動経過報告を確認し、来年の大会までの方針を決定しました。
 地方委員会では、小林直哉連合埼玉会長が、挨拶で次の4点について、力強く訴えました。①安倍政権による二枚舌政治(「働き方改革」の二枚舌・「安全保障・平和」についての二枚舌)と決別しよう②「暮らしの底上げ応援団!RENGOキャンペーン」第二弾を推進しよう③「底上げ・底支え」「格差是正」2017春闘の取り組みを強化④組合員を増やす組織拡大を進めよう
 最後に、「すべての働く者・生活者の雇用と生活の安心・安定が明日への希望へとつながる」という「クラシノソコアゲ応援団」RENGOキャンペーンの特別決議。「働くことを軸とする安心社会の実現」を訴えた第20回地方委員会アピールを採択し、閉会しました。
 なお、今回、役員の一部交代も行われ、倉持光好執行委員が5年間の任期を終え、退任。新たに埼玉教組書記長の丸山巧さんが執行委員として選出されました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料相談
ページ上部へ戻る

 

 

Topへ