さよなら原発埼玉県民集会を開催

 10月29日、さいたま市文化センターにおいて、「2016さよなら原発埼玉県民集会」が開催されました。この集会は福島原発事故以降、毎年開催されてきたもので、今年も埼玉県平和運動センターをはじめ県内の様々な団体が実行委員会をつくって開催しました。集会には650人が参加し、脱原発と再生可能エネルギーへの転換を確認しました。
 報告では、「原発事故は終わらない」と題して、福島原発告訴団団長の武藤類子さんが、福島の現状と裁判への支援を訴えました。続いて、「脱原発訴訟の課題と展望」と題して、弁護士の海渡雄一さんが、国民の圧倒的多くは原発の再稼働を望んでいないことから、脱原発社会達成に向け、自治体と住民の力で原発を止めていこうと訴えました。講談師の神田香織さんは、昨年のノーベル文学賞を受賞したスベトラーナ・アレクシエービッチの「チェルノブイリの祈り」を迫力のある講談で語りました。
 その後、県内各地のとりくみの報告の後、集会を終え、南浦和駅まで脱原発を訴えデモ行進を行いました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料相談
ページ上部へ戻る