各支部通信 N0.2    入間支部の巻           組合があってこそ

6月の埼玉教組定期大会で「4~6月に養教が妊娠した場合、補助員が付けられる」ということを知りました。翌日の養教関ブロ部長会でも、そのような対応は埼玉だけでした。そこで、所沢市養護教員研修会で確認したところ、指導主事が「もう使っています」と答えました。
その時は「良かった」と思い、そのままにしてしまいましたが、翌月の研修会で「先月、補助員のことを指導主事がまるで県が与えたかのように伝えたが、この権利は組合が勝ち取ったものです。組合が国や県と交渉して、皆さん方が少しでも働きやすいようにと頑張った結果なのです。だから、もう一度私から『組合で勝ち取った権利です。皆さん、どうぞ使ってください』と言い直します。」と言うと、司会者から「私たちのためにありがとうございます。」とお礼を言われました。きちんと情報提供する大切さを改めて感じた出来事でした。
入間支部   養護教員部

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料相談
ページ上部へ戻る