5.3憲法集会に5万人が参加 

憲法破壊・人権破壊・生活破壊の安倍政権の暴走に歯止めをかけようと、5月3日に東京・江東区の有明防災公園で「明日を決めるのは私たち―平和といのちと人権を!5.3憲法集会」が開かれ、5万人が参加しました。
集会の開会あいさつで「解釈で憲法9条壊すな!実行委員会」の高田健さんが「戦争法に反対する市民の行動が政治を動かしてきた。市民と野党共闘が連携すれば必ず安倍政権の策動を打ち破ることができる」とし、集会開催の意義を訴えました。
むのたけじさんは「憲法9条があればこそ、戦後70年間、他国の人も自国の人も一人も戦死させることはなかった。この道は間違っていない。がんばろう」と力強く訴えました。その後、山口二郎・法政大教授や菅原文太さんのお連れ合いの菅原文子さん、市民連合の浅倉むつ子さん(早稲田大学大学院教授)さんらが力強いアピールを行いました。
政党からは野党4党の党首がそろって登壇し、夏の参議院選挙に向けて対決することを強調しました。
リレートークでは、憲法・戦争法や辺野古新基地建設問題、福島原発事故の被災地、障がい者の現状などについて運動を続けている人たちがマイクを握ってアピールしました。最後に、戦争をさせない1000人委員会の福山真劫さん(平和フォーラム代表)が行動提起に立ち、「戦争法廃止を求める統一署名」が4月末の第一次集約で1200万筆を超えたことを報告、「さらに2000万をめざして署名を進め、国会や安倍首相に届けよう」と訴えました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料相談
ページ上部へ戻る

 

 

Topへ