4.8戦争法廃止!憲法改悪を許さない埼玉県集会開催!

4月8日、さいたま市で戦争をさせない埼玉県1000人委員会主催の「戦争法廃止!憲法改悪を許さない埼玉県集会」が開催され、300人が参加しました。
集会では、精神科医で立教大学教授の香山リカさんが「がちナショナリズムという“病”」と題して講演を行いました。香山さんは、10年前だったらメディアで当たり前に言えた戦争反対や、旧日本軍の行為を批判することなどが言えなくなっている現実があると語りました。
また、在特会などの排外主義者が蔓延して息苦しい時代になってきたが、この動きに黙っているわけにはいかない、全国で吹き荒れるヘイトスピーチを絶対に許してはならないと訴えました。
安倍政権による政治介入によってマスコミ全体が萎縮している現実を危機的な状態だと語る一方、昨年の運動の経験から、「少し前だったら異なった意見を言うと、隣に誰もいない感じがあったが、今は必ず仲間が現れる。それが2年前と決定的に違う。支えてくれる仲間が必ず現れる」「みんなで集まって仲間がいることを確認して、それぞれの場で声を上げよう」と希望を語り講演を終えました。
その後、沖縄の闘いの報告を沖縄一坪反戦地主関東ブロック運営委員の青木初子さんが行い、安保法制違憲訴訟埼玉の会共同代表倉橋綾子さんが戦争法の違憲訴訟のとりくみについて報告しました。最後に、今後の闘いを県平和センターの持田議長が提起して集会を終えました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料相談
ページ上部へ戻る