『安保関連法』廃止! 立憲主義を取り戻す3・6オール埼玉総行動

「『安保関連法』廃止!立憲主義を取り戻す3・6オール埼玉総行動」(実行委員会主催)が3月6日、さいたま市大宮区の鐘塚公園で行われ、1万100人が参加しました。
集会では、民主党の小宮山泰子衆院議員、共産党の穀田恵二衆院議員、社民党の福島瑞穂参院議員、生活の党の松崎哲久前衆院議員らが連帯の挨拶をしました。
集会では実行委員長の小出重義弁護士が主催者を代表して集会の意義を訴え、安倍内閣の政策を批判しました。リレートークでは安保法に反対する県内の女性や、高校生、大学人の会など6人の代表が登壇。高校生も「安保関連法により自衛隊が海外で武力行使をすることに断固反対する」と意見を述べました。「立憲デモクラシーの会」呼び掛け人の中野晃一上智大学教授らも、埼玉での集会の意義を述べながら、安保法の早期廃止を力づよく訴えました。
参加者全体でアピール採択後、参加者は「戦争させない」「9条壊すな」などとシュプレヒコールを上げながら、3コースに分かれて市内デモンストレーションパレードに出発しました。埼玉教組組合員も戦争に反対する1000委員会とともに、丸木旗を掲げて沿道の市民に戦争法廃止を訴えました。

『安保関連法』廃止!立憲主義を取り戻す3・6オール埼玉総行動

『安保関連法』廃止!立憲主義を取り戻す3・6オール埼玉総行動

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料相談
ページ上部へ戻る