日教組第65次・埼玉第26回 埼玉教育研究集会開催!

 11月8日(日)、和光市にある県立和光特別支援学校を会場に、第26回埼玉教育研究集会が開催され、約100名の名の方が集まり、現在の教育課題について熱心に討論を行われました。
 全体会では埼玉高教組委員長の主催者挨拶、埼玉教組教文部長の基調報告があり、連合埼玉会長、埼玉平和センター、日政連議員など列席していただいた来賓の方々からも挨拶をいただきました。
 開会式後の講演会では、「立憲主義と学校教育」という演題で、学習院大学法科大学院教授、青井未帆さんの講演がありました。講演では、まず、現在の政治の異常さについて指摘がありました。「憲法を守る」という本来当たり前のことが政治的であるとネガティブイメージを与えられ、「偏っている」と思われる状況を批判し、まっとうな政治を作り直せるのは、私たち市民しかないと語りました。また、市民をつくり出すこと、市民としての常識を育てることに対して、家庭、地域、学校教育の重要性が訴えられました。
 午後は、9つの分科会に分かれて、それぞれの分科会で活発な討論、研究、意見交換が行われました。分科会終了後、各分科会の運営委員により、各分科会でのようすが報告され、分科会での話し合いにより推薦された4名の方が全国教研で発表することになりました。
 アップ3

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料相談
ページ上部へ戻る