埼玉県地公労第1回賃金確定交渉行われる!

 10月19日、埼玉県人事委員会は、今年度の職員の給与等について勧告を行いました。
 勧告の内容としては、2年ぶりの月例給、一時金(ボーナス)のアップを勧告しました。さらに人事管理に関する報告(意見)では、『学校現場における教育職員の負担軽減』の項目において「個々の教育職員の勤務日ごとの始業及び終業時刻を確認し、勤務状況を適切に把握することが必要である。」と言及しました。
 これを受けて埼玉教組は、知事部局には23日に、教育局には29日に要求書を提出し、知事部局との第1回交渉を11月5日に行いました。教育局との第一回交渉は11月11日に行われました。これからも交渉は続きます。
 なお、今年の人事委員会の報告(意見)では、特に学校現場における教育職員の負担軽減について、「教育委員会においては、教育職員についても適正に勤務時間を管理することがその責務であることを再認識し、個々の教育職員の勤務日ごとの始業及び終業時刻を確認し、勤務状況を適切に把握することが必要である」と明確に述べられています。
アップ1

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料相談
ページ上部へ戻る