被爆70周年原水禁世界大会福島大会いわき市で開催

8月1日、被爆70周年原水禁世界大会福島大会が、福島県いわき市の平中央公園で開催され、全国各地から850人が参加しました。
原爆や東日本大震災の犠牲者などに対する黙とう後、主催者を代表し、川野浩一・大会実行委員長(原水禁議長)は、自ら長崎で被爆した経験をもとに「国家による原発被害に対する補償を明確にさせなければならない」と指摘、さらに「事故にも関わらず原発再稼働をめざし、さらに戦争法案を成立させようとする安倍政権に反対し、断固として平和を守ろう」と訴えました。
地元あいさつに立った角田政志・福島県平和フォーラム代表(福島県教組委員長)も「いまだに11万人が県内外に避難し苦しい生活を余儀なくされている。放射性廃棄質の最終処分など何も決まっていない中で、政府は被害者に自立を強いて、補償を打ち切ろうとしている」と批判し、脱原発社会の実現を呼び掛けました。また、開催地のいわき市の清水敏男市長から歓迎と連帯挨拶がありました。
大会の基調提起は、藤本泰成・大会事務局長が行い、特に「福島の今から考える フクシマを繰り返すな」として、「放射能被害は継続中で意図的な風化は許さない」「東電は被災者の暮らしに責任を持て」「国は被災者の健康に責任を持て」などの福島原発事故に対する責任を追求するとともに、「原発の再稼働を許さない」「破綻する核燃料サイクル」「原発輸出に反対する」「エネルギー政策の転換を」などと提起しました。
大会には外国からも来賓が参加。代表してドイツの緑の党の国会議員であるベーベル・ハーンさんが挨拶。また、被災者からの訴えとして、楢葉町からいわき市に避難している青木基・町会議員が、事故当時の混乱を生々しく語りました。
また、毎年、全国の高校生が国連欧州本部を訪ねて核廃絶を訴えている「高校生平和大使」に今年選ばれた白河高校の女子生徒が「被災地の実態を訴え、核や戦争のない地球を作る手伝いをしたい」と元気に決意を述べました。最後に大会アピールを確認。埼玉教組4名を含む埼玉県平和運動センターなどの参加者は横断幕やのぼり旗を持ち、市の中心部を元気にデモ行進し、非核、原発再稼働反対を沿道の人たちに訴えました。

 

福島大会

福島大会

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料相談
ページ上部へ戻る