語り継ごう、走り続けよう ヒロシマ、ナガサキの火を、心を

反核平和の火リレー

8月4日、「全市町村と県で平和行政の推進を!」という呼びかけで、今年28回を迎えた反核平和リレー出発式が県庁前で行われました。主催者である埼玉青年学生平和友好実行委員会代表挨拶の引き続き、来賓あいさつとして社民党佐藤県連代表、平和運動センター持田議長、埼玉教組倉持副委員長がそれぞれ激励。最後に、県を代表して総務副部長が県知事の挨拶を代読。県としても平和のために努力していくとの決意を述べました。その後、4名のランナーがトーチを掲げ、参加者の拍手に送られて県庁前を元気にスタートしました。沿道の市民に反核平和を訴えます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料相談
ページ上部へ戻る