春闘要求書提出

地方公務員の待遇改善を勝ちとろう!!県地公労共闘会議、春闘要求書を提出

4月2日、埼玉教組、埼玉高教組、自治労県職労で構成する埼玉県地方公務員労働組合共闘会議(埼玉県地公労)役員は、県庁を訪れ、榎本敬議長(自治労県職労)が、飯島総務部長に対し、知事宛の「2015年度賃金・労働条件等の改善に対する要求書」を提出しました。その後の話し合いでは、「生活維持のための公務員の賃金アップを図ること」
「年金が支給されない状況になって来ている状況下での再任用職員の処遇改善を行うこと」
「臨時的任用職員の生活に対して配慮すること」等を要求しました。また、 4月6日、同埼玉県地公労は、県人事委員会に対して、人事委員会委員長宛の「2015年度賃金・労働条件等の改善に対する要求書」を提出し、賃金の改善、超過勤務の解消、パワハラ、セクハラの防止等に対しての実効性のある勧告を行うよう求めました。

関連記事

無料相談
ページ上部へ戻る

 

 

Topへ